●合気道とは●

合気道とは、開祖植芝盛平翁が若い頃から日本の古い伝統ある幾多の武道を極め、その結果創始された武道です。
合気道の中心には、古来の日本武術から出発した精神が生きており、その練磨法は武術から出発した体技を通じて行われますが、気力の武道と呼ばれる合気道は攻撃技ではなく、身を守る技であります。

勝敗を目的とするものではない合気道の理念を開祖は、
「合気道とは敵と戦い敵を敗る術ではない。習い、人と争ったりする殺人的精神は悪である」
と説いています。

皇道館は人生の修行の道場でありますから敵を作らぬ円満なる技を習い、
自己完成のために老若男女を問わず、誰でも気軽にその人なりに稽古ができます。
皇道館道場は1957年、田中正之助・七段が創立した合気道専門道場です。

皇道館道場は、財団法人 合気会に加盟しています。

 

●写真集●

平成22年 栗林師範講習会

Designed by CSS.Design Sample

inserted by FC2 system